犬のゲノム研究が明らかにしてきたこと (26) -意外にも、暖かい地方出身だったチャウ・チャウ

尾形聡子

コメント(1)

8596983746_f87260caf8.jpg

[photo by Luigi Anton Borromeo]

動物の家畜化は人類の文明化の歴史をさらに詳しく知るためのひとつの手がかりとして考えられており、その中でも最も古くに家畜化された犬の起源や犬種の進化についての研究は長年にわたり行われています。しかしゲノム解析などさまざまな最新の研究手法をもってしても、犬の家畜化の発祥地についてはヨーロッパだ、東アジアだ、東南アジアだなどとされたり、ほぼ同時に別の場所で起きたなど、時期についても場所についてもいまだに結論が出ないままでいます。

また、ゲノム解析から、東アジア原産の古来より存在している犬種(ancient breed)、日本でおなじみの柴犬や秋田犬、シャー・ペイそしてチャウ・チャウなど、犬の祖先とされているハイイロオオカミと遺伝的な類似性が高いことが示されています。古くから存在している犬種は、ここ数百年で作られた犬種にくらべて独自の遺伝的バックグラウンドを持つという報告もあります。

青紫色の舌が特徴的な中国原産の犬、チャウ・チャウはその一例です。平成生まれの方にはあまりピンとこない犬種かもしれませんが、1980年に某家電メーカーのテレビコマーシャルに登場したことで一躍脚光を浴び、日本でも流行した時期がありました。その後にはバブル期に入ってレトリーバー犬種などが流行り始めたこともあってか、チャウ・チャウはその影にすっかり隠されてしまい、それからというもの道すがら出会うこともめっきり減ってしまった犬種だという印象を個人的には抱いています。とはいえ、昨年2016年のJKCへの登録数は156頭で、10年前の2006年の28頭から比べると年々わずかながらも増加傾向にある様子が見て取れます。

誕生の地、中国においてチャウ・チャウは、その特徴的な外見が寺院や宮殿に置かれている獅子像と似ているため、古くから神域などを守る動物としてされていたといわれています。全体的な見た目がユニークであるだけでなく、特徴的な青い舌、1対多い歯(通常永久歯は42本のところ44本)、まっすぐな後肢、高密度に生える硬い被毛など、いくつかの独特な特徴を持つチャウ・チャウには、固有の遺伝的背景が存在していると考えられていました。

チャウ・チャウのゲノム解析から浮かび上がったこと

中国の研究チームはチャウ・チャウに特異的な遺伝背景と家畜化の背景を明らかにしようとし、特定のゲノム領域を効率よく解析できるRestriction Site Associated DNA Sequence法を用いて9頭のチャウ・チャウのゲノム解析を行いました。そして、ハイイロオオカミと中国の地犬を含む10犬種37頭のゲノムデータと比較解析を行いました。

その結果、チャウ・チャウはシャー・ペイなどと同様に最も古くから存在している犬の血統を持っていることが確認されました。また、緯度の高い寒い地方の犬種に見られるような厚手の被毛を持っているにもかかわらず、その起源は中国南部に暮らしていた地犬にあること、そしておよそ8300年前には誕生していただろうことが示されました。このことについて研究者らは、1万年~9000年前に揚子江近隣で農業が発達し、狩猟主体の移住生活から農耕主体の定住生活へと変わっていったことが、地犬からチャウ・チャウ誕生に至るまでの選択繁殖を促す大きなきっかけになっただろうと論じています。

また、チャウ・チャウの遺伝子はアジアにいる他犬種の間にほとんど広がっていないという特徴も見られたそうです。このことは、地理的に近い犬種であっても、チャウ・チャウの血が交わるのは稀だったことを示唆します。そのことから、チャウ・チャウの犬種としての確立はかなり速いスピードで行われただろうこと、そして、犬種確立後には他犬種との交雑が意識的に制限されていただろうことが考えられると研究者らは言っています。このような状況は東アジア原産の古くからある犬種全体の特徴としても見られるそうです。

チャウ・チャウの特徴である青紫色の舌や分厚い被毛は、遺伝子オントロジー解析(GO解析:生物学的プロセス、細胞の構成要素、分子機能の3つのカテゴリーに分けて遺伝子群ごとに解析する手法)によるとそれほど強い相関がみられなかったそうです。このことは、これらの特徴はわずかな数の遺伝子がかかわることにより作られているのを示唆します。そこで研究者らはさらに解析を進めたところ、青い舌には色素形成に関係することが分かっているPDPK1遺伝子とASIP遺伝子の2つが関与しているだろうところまで突き止めました。

どのような変異がこれらの遺伝子上に見られるかはまだ分かりませんが、チャウ・チャウのこれら2つの遺伝子をさらに詳しく解析していけば、舌への色素沈着のメカニズムが明らかになるかもしれません。同じく古い歴史を持つ中国原産のシャー・ペイも青い舌を持つことがあり、両者はDNAレベルで系統樹的に近いことも分かっていますので、両者におけるPDPK1遺伝子とASIP遺伝子の解析を行ってみるのも何か新しい発見ができるかもしれないと思います。さらには、北海道犬などの日本犬や雑種にも舌斑が見られますので、日本の犬も交えて比較すると、より興味深い結果がでてくるかもしれません。

ほかには、筋肉と心臓発生、代謝、消化に関与する遺伝子にチャウ・チャウ特異的なタイプが見られたそうです。このことは、チャウ・チャウの初期のころはスポーティング・ドッグ(猟犬)として飼育されていたといういわれを支持する結果であると研究者らは言っています。

3750610324_6a65b29f5f.jpg

[photo by Citizen59]

犬の起源、そして犬種の起源を解明するためにはまだまだ研究すべき多くがあるとする研究者らは、この研究を、東アジア原産のほかの犬の起源を明らかにするための基準として役立てていけるものと考えているそうです。世界的に有名な秋田犬や柴犬だけでなく、甲斐犬や紀州犬、琉球犬、北海道犬など日本古来のほかの犬種も含めてゲノム解析が行われれば、また新たな遺伝的知見やそれに関連する人との生活史が見えてくるかもしれないと想像を膨らませてしまうものです。

***

長い間ご愛読いただきありがとうございました。主に犬の遺伝や認知研究など、病気につながる記事を書かせていただいてきましたが、とっつきにくさや難しさなどもあり、避けてしまいがちな話題も多かったのではないかと思います。それでも、犬の病気の中には人の努力で少なくしていくことができるものもあるということを、ひとりでも多くの方々に知っていただきたいという強い願いがあり、同時に犬の科学研究の面白さをもっと身近に感じていただければと思いお伝えしてきました。犬を幅広く知るためのひとつの手立てとして、これからもどこかで遺伝や科学的な記事を発信していくことができればと思っています。犬たちが病気に脅かされることなく、犬らしく心身ともに健やかに暮らしていけるような世の中になっていくことを願ってやみません。

【参考文献】
The origin of chow chows in the light of the East Asian breeds. BMC Genomics. 2017 Feb 16;18(1):174. 

 

GREEN DOGがお勧めする商品

フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
累計注文30,000食突破(2016年7月現在)
フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
ワイルドアラスカンサーモンオイル
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
バランスフローラ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
ペット用歯磨きジェル 歯にマヌカ
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
WITH GREEN DOG ミニサイズおやつセット

dog actually ライター書籍 PickUp

「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレーニング法だった! (世界のドッグスペシャリスト)
「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレー… イェシカ・オーベリー (著), 藤田 りか子 (編集, 写真) 誠文堂新光社 (2015/8/20)
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形 藤田 りか子 (著), リネー・ヴィレス (著, その他)
誠文堂新光社 (2015/2/24)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら… ヴィベケ リーセ (著), 藤田 りか子 (編集), Vibeke Sch. Reese (原著)
誠文堂新光社 (2014/8/20)
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則 尾形 聡子 (編集)
誠文堂新光社 (2014/1/20)
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ カリーナ・ベス・マクドナルド (著), 森 ひとみ (翻訳), 尾形 聡子 (翻訳)
エー・ディー・サマーズ (2014/2/28)
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ()
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (編集)
誠文堂新光社 (2013/12/10)
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック ヴィベケ・リーセ (著)
誠文堂新光社 (2014/7/10)
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド ヴィベケ・S. リーセ (著), 藤田 りか子 (編集, 写真)
誠文堂新光社 (2011/8/19)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く!… ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2013/4/19)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! … ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2012/11/19)

もっと見る