ナショナルパピーデーに思う

ガニング亜紀

コメント(0)

animal-1868163_640.jpg

(photo by Pexels )

3月23日はNational Puppy Day=全国子犬の日でした。前回の記事でも「毎日何かしらのナショナル◯◯デーがあります。」としてナショナルドッグビスケットデーを紹介したのですが、ナショナルパピーデーはドッグビスケットデーよりも深い思いが込められている日です。

SNSなどでは#NationalPuppyDayのタグがついた愛らしい子犬の画像や動画がたくさんアップされているのですが、これは決して「子犬可愛いね?、癒されるね?」というだけの日ではないのです。

ナショナルパピーデーは2006年にコリーン・ペイジという女性によって設定されました。ペイジ氏はDogtime.comを始め、多くの犬関連のサイトや犬の雑誌などにペットライフエキスパートとして執筆しているライターでもあります。

ナショナルパピーデー設定の一番の目的は世界中のより多くの人にパピーミルの非道さを知ってもらい、家のない子犬の里親になることの素晴らしさを知ってもらいたいというものです。このパピーデーのスローガンのひとつは『Adopt! Don't shop!(買わないで!里親になろう!)』です。

公式サイトnationalpuppyday.comでは「なぜ子犬の里親になることが大切なのか」ということが、悲惨な画像は使わず易しい言葉で説明されています。

アメリカ全土に数多く存在するパピーミルと呼ばれる商業繁殖施設。繁殖に使われる親犬も生まれた子犬も非人道的な扱いを受け、心身ともにダメージを負っている。けれどもペットショップのショーウィンドウに入れられた子犬を買っていく人がいる限り、そういう施設が無くなることはない、というものです。

どうしても特定の犬種の子犬を迎えたいという人は、責任を持って犬を扱っているきちんとしたブリーダーから購入してくださいとも書かれています。

犬舎が不衛生だったり、親犬を見せることを拒否する、子犬たちが元気が無く健康状態が良くないようなブリーダーは避けるようにとの注意事項も添えられています。

また各地域のアニマルシェルターやレスキュー団体から子犬を引き取って里親になることで行き場のない犬が溢れているペットの頭数過剰問題の解決の一端を担えること、そしてこの大きな問題を解決するには人々がただ保護犬を引き取るだけでなく適切な避妊去勢手術を施すことの大切さも説かれています。

私がこの愛らしい名前の日のやり方がとても良いなあと思うのは、その入り口の広さと取っ付き易さです。パピーミルもバックヤードブリーダーもペットショップもペットの頭数過剰も根っこの深いシリアスな問題です。しかしシリアスな問題を深刻に強烈に訴えるだけでは周知の輪はなかなか広がらない。SNSなどでたくさんの「いいね」がついても、その人たちはもう既に問題をよく知っていて保護犬を迎えたり保護活動をしている人たちであることが多いように思います。それはそれで意味のあることですが、やはり「今、問題を知らない人たち」に知ってもらうことは必要不可欠です。

可愛い写真や楽しいコンセプトでまずは人々の目を惹きつけて、ソフトに(これ重要です)犬を取り巻く問題を説明する。こういう問題はつい長々と語りたくなるのが人情ですが、あえて説明は短くまとめて、あくまでも人々の興味の入り口に徹するという姿勢に賛意を表したくなります。

animal-1850287_640.jpg

(photo by Pexels )

さて、タグを付けてアップされていたツイッターなどを見ていて目に付いたのは「いくつになっても私のパピー」としてシニア犬の写真がたくさんあったことでした。

10歳代になった犬を2匹抱える私としては、これらの写真にひときわ胸が熱くなり、隣で寝ている犬に向かって「うんうん、いくつになっても永遠のパピーだよねえ」と話しかけてしまいました。

もうひとつ、NationalPuppyDayのハッシュタグがついていたものの中で、ひときわ胸にグッと来たリン・マニュエル・ミランダ氏(ミュージカル『ハミルトン』の製作者で、映画『モアナ』の作曲家)のツイートを紹介して〆たいと思います。

「あの日ビーチで、お腹を空かせた迷子の子犬が僕らに付いてきたその時から、僕らの人生は永遠に違うものになったんだ。愛してるよ、トビーロ。」

犬がやってきて生活が、時には人生そのものがガラリと様変わりする感じ、多くの人がきっとおわかりになりますよね。


【参考サイト】
NationalPuppyDay.com
https://twitter.com/Natl_PuppyDay

【関連記事】
犬に穀物、与えるべきか?避けるべきか?
2月と言えばパピーボウル
動物愛護が楽しくてもいいんじゃない?

 

GREEN DOGがお勧めする商品

フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
累計注文30,000食突破(2016年7月現在)
フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
ワイルドアラスカンサーモンオイル
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
バランスフローラ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
ペット用歯磨きジェル 歯にマヌカ
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
WITH GREEN DOG ミニサイズおやつセット

dog actually ライター書籍 PickUp

「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレーニング法だった! (世界のドッグスペシャリスト)
「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレー… イェシカ・オーベリー (著), 藤田 りか子 (編集, 写真) 誠文堂新光社 (2015/8/20)
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形 藤田 りか子 (著), リネー・ヴィレス (著, その他)
誠文堂新光社 (2015/2/24)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら… ヴィベケ リーセ (著), 藤田 りか子 (編集), Vibeke Sch. Reese (原著)
誠文堂新光社 (2014/8/20)
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則 尾形 聡子 (編集)
誠文堂新光社 (2014/1/20)
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ カリーナ・ベス・マクドナルド (著), 森 ひとみ (翻訳), 尾形 聡子 (翻訳)
エー・ディー・サマーズ (2014/2/28)
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ()
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (編集)
誠文堂新光社 (2013/12/10)
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック ヴィベケ・リーセ (著)
誠文堂新光社 (2014/7/10)
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド ヴィベケ・S. リーセ (著), 藤田 りか子 (編集, 写真)
誠文堂新光社 (2011/8/19)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く!… ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2013/4/19)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! … ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2012/11/19)

もっと見る