ストレスと関係する免疫力

京子アルシャー

コメント(0)

101116_StressundImmun1.jpeg

秋が深まるにつれ、朝昼晩の寒暖の差が著しくなってきた。私たちはその気温の変化に対応するべく、玉ねぎのように何枚も洋服を重ね着して温度を調節する。

この時期、犬たちの体はとても忙しい。日照時間が短くなり、気温がどんどん下がってくると、脳は無意識にそれらに反応して代謝調節の指令を全身に出す。その指令を受け、冬が来る前に新しいアンダーコートを生やそうと古いアンダーコートを脱ぎ捨て始め、そして寒さが体の芯まで伝わってこないように、断熱材として皮下脂肪の蓄えがすすむ。体の代謝の多くが冬支度へと傾く寒い季節というものは、暑い季節に比べて、本来犬にとって過ごしやすい季節ともいえるのだが、それでも寒さは犬の体の自然なストレス要因として働く。

急激に気温が下がったりする季節の変わり目には、体は気温の変化に合わせて代謝を変えねばならず、体が受けるストレスは大きい。日中と夜間の温度差が激しいときには、それぞれの気温への対応を急がれ、ますますもって体はストレスを感じる。それが「季節の変わり目に体調を崩しやすい」といわれるゆえんなのだが、単に気温差だけが要因となって体調が崩れるのではなく、そこにさらにそのほかのストレス要因が重なっていることが多い。つまりはストレスを多く抱えると体調が崩れやすい、それは人も犬も同じなのである。

さて、ストレス、ストレスとやたらと連発してみたが、そもそもストレスとはなんだろうか?元々は1910年代にアメリカの生理学者W.B. Cannonが「闘争か逃走か」という緊急事態における動物の反応を論じた際、「状況の圧迫・緊張状態」に対し「ストレス」という言葉を使ったのが始まりとされる。

ストレスには様々な種類がある。先に登場した気温変化や湿度・雷など環境からのストレスに加え、怒りや不安・緊張・抑圧感・欲求不満などの心理的ストレス、痛みや過度の負荷・疾病・空腹などの身体的ストレスといったように、生活の多岐にわたってストレスとなりうる要因はたくさんある。

ストレス状況を感じた体は、即座にアドレナリンとコルチゾールを分泌する。アドレナリンは「闘争」を、コルチゾールは「逃走」を引き起こすホルモン物質。分泌されたこれらの物質のうちアドレナリンは分泌後数分で分解代謝されてすぐに姿を消すのに対し、コルチゾールは分泌後分解代謝されるまでに2-6日もの時間が必要とされる。そしてこのコルチゾール、長期にわたり分泌されることにより免疫機能を下げる作用がある。

ストレスを抱えていると病気になりやすいその訳は、つまりはストレスを感じて分泌されるホルモン、コルチゾールのしわざ。コルチゾールによって免疫力が下がり、体は感染症などの疾患にかかりやすくなるという仕組みである。

気温変化への感じ方には個体差があるが、気温だけでなくほかの大きなストレス要因が重なることで、病気にかかりやすい状況はすぐに出来上がるから、まずはできるだけ余計なストレス要因を排除し、犬にとっての快適な生活を心がけよう。いろんなストレス要因があるということを念頭に、ほんのちょっと生活を見直すだけでずいぶんと多くのストレスリスクを回避できる。しかしこれらストレスに打ち勝つためになによりも効き目があるのはやはり「楽しい」「うれしい」といったポジティブな感情だ。

散歩に出た先で楽しいことがあれば寒さなんて苦ではない。飼い主的にはあまり楽しくないかもしれないてくてく散歩でも、犬にしてみれば周辺環境の匂いを嗅ぐだけでもう十分気持ちは踊っている。出かけた先で犬と一緒にゲームや遊びをするもよし、犬のお気に入りの場所に向かうもよし。寒さに負けず、元気に冬を乗り越えるためにも、どうやって楽しい散歩を展開するか、それがが飼い主にとっての最優先課題となる。

ただし、「楽しい散歩」の実現が飼い主にとってストレスとならないよう、飼い主自身も楽しむ散歩であるのがやはり最高ではないだろうか。犬と人の両方が楽しめる散歩、月並みだがそれがお互いにとってなによりの健康の秘訣であると思う。

 

GREEN DOGがお勧めする商品

フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
累計注文30,000食突破(2016年7月現在)
フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
ワイルドアラスカンサーモンオイル
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
バランスフローラ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
ペット用歯磨きジェル 歯にマヌカ
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
WITH GREEN DOG ミニサイズおやつセット

dog actually ライター書籍 PickUp

「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレーニング法だった! (世界のドッグスペシャリスト)
「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレー… イェシカ・オーベリー (著), 藤田 りか子 (編集, 写真) 誠文堂新光社 (2015/8/20)
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形 藤田 りか子 (著), リネー・ヴィレス (著, その他)
誠文堂新光社 (2015/2/24)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら… ヴィベケ リーセ (著), 藤田 りか子 (編集), Vibeke Sch. Reese (原著)
誠文堂新光社 (2014/8/20)
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則 尾形 聡子 (編集)
誠文堂新光社 (2014/1/20)
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ カリーナ・ベス・マクドナルド (著), 森 ひとみ (翻訳), 尾形 聡子 (翻訳)
エー・ディー・サマーズ (2014/2/28)
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ()
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (編集)
誠文堂新光社 (2013/12/10)
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック ヴィベケ・リーセ (著)
誠文堂新光社 (2014/7/10)
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド ヴィベケ・S. リーセ (著), 藤田 りか子 (編集, 写真)
誠文堂新光社 (2011/8/19)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く!… ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2013/4/19)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! … ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2012/11/19)

もっと見る