地域内(コミュニティ)で助け合う犬との暮らし

藤田りか子

コメント(0)

Community-show.jpg

向こうに工場の煙がモクモクと。工場地帯のトラック駐車場で、アフターファイブに、気軽にショードッグ・トレーニングを行う。週に一度。地元のショードッグが好きな人々が立ち上げたフェースブック・グループがこの集まりのベースとなっている。

犬が地域内での人々のつながりに大きな役割を担っている、ということが、学問的研究によっても明らかになったとドッグアクチュアリー・ニュースでリリースされたばかりだ。

犬が地域を助けるのなら、その逆も真なり。地域が犬飼いと飼い主を助ける、というのが、今回のテーマだ。

さて、私は、スウェーデンのど田舎に住んでいる。もっとも近い町ですら、30kmの距離がある。ただし、その町の人口はたったの5000人。そこからさらに30km車を走らせると人口8万人の、ようやく都市らしい街にぶつかる。

こんなに人口が疎らな地域ではあるが、犬に関するアクティビティがとても活発だ。もっともこれは最近の傾向なのだが、なんといってもそれは、フェイスブックの普及のおかげ。フェイスブックは、ご存知の通り、個人間のソーシャルメディアだけではなく、グループでも何かテーマを持って独自のページを作り上げることができる。私の地域、グルムスには、たとえば「グルムス・犬の散歩グループ」というのもあれば、「グルムス・ショードッグ・ハンドリングと社会化トレーニング・グループ」、「グルムス・ワーキングドッグ・クラブ・グループ」、というのもある。

さらに、県単位で、「レトリーバー・フィールド・トレーニング・グループ」や、「我らの県の犬に関するアクティビティ・グループ」などなど。犬種やドッグスポーツによっても、地域ベースのフェイスブック・グループは他にもたくさんある。そして素晴らしいのは、いずれのグループもただ、コンピューター上でチャットを楽しむだけのものではなく、実際に皆が集うために存在していること。それも年に数回とかいうのではなく、ほとんど一週間に一度の頻繁さで集まる。それもこれも、「地域」単位でグループを作っているためだ。これがたとえば、通常の犬種クラブだったりすると、全国をカバーしているから、年に一度のイベントでも企てない限り、簡単に集会を催すことができない。それに、たいてい犬のイベント、というのは首都圏を中心に行われるものだ。地方に住む人は、いつも取り残されがち。

そして地域でグループを作ってくれる利点は、たとえ周りに犬友達がいなくても、その地域の似たような「犬趣味」を持つ人と知り合えること。集まりは、フェイスブックで告知されるから、「え、そんな集まりがあったの、知らなかった!」とイベントや集会を見逃すこともない。

Community-Walk.jpg

地元の集団散歩のシーンから。乳母車をひきながら犬を散歩する人も。一人で寡黙に歩くよりも、皆で散歩する方が、楽しい。だいたい一時間半ほど歩くのだが、時間はあっという間に経つ。そして、愛犬への素晴らしい社会化トレーニングの機会ともなる。

特に犬の社会化トレーニングに飢えている人には、地域による集まりは、もってこいの機会だろう。私の愛犬であるラッコは、決まった犬とばかりしばらく会っていた時期があり、思春期ゆえ、知らない犬をみると、非常に興奮してストレスレベルをあげまくっていたものだ。しかし、地域の散歩グループにフェイスブックを通して入り、毎週2回、集団散歩をする機会に恵まれるようになった。おかげで今は、他の犬を無視して通り過ぎるのがだいぶ上手になった。

ショードッグ・トレーニングについても同様だ。全国レベルのショードッグ愛好会に入っているだけでは、なかなか皆が集まる機会がないものだ。しかし地域グループのおかげ、週一度、アフターファイブに工場地帯にあるトラック専用の大きな駐車場を借りて、トレーニングを行う。ショー・ドッグトレーニングといっても、ここにも、社会化トレーニングがもりだくさん。きちんと愛犬にショーポーズを取らせている間、他の犬はポーズを決めている犬たちの間をジグザグに歩く練習を行う(そして犬はつねにハンドラーにコンタクトを取り続ける)。こんな練習を通して、他の犬を無視して飼い主に集中することをおぼえる。つまり日常オビディエンスが、培われる。いずれの集まりも、無料である。誰かが開催しているのではなく、自発的に集まっているグループだからこそ、だ。

Community-jakt.jpg

秋には、地元のレトリーバーグループは実猟を伴った、レトリーバーの回収トレーニングを開催することも。これも平日、アフターファイブに気軽に行われる。

地域単位のレトリーバー・グループでは、春から毎週一回、フィールドトライアルの練習試合すら行っている。こうして競技会に出れるよう、日常的に腕を磨くこともできる。私は、レトリーバー仲間が皆、遠くに住んでいるので、このグループがなかったら、随分トレーニングが遅れていただろうなぁ、と、自分の与えられた環境につくづく感謝している次第だ。そして、何も都市圏に住まなくても(特に私のような森の奥の田舎に住んでいても)、十分に犬のアクティビティのアップデートは受けることができる。

地域単位の利点はまだまだある。ローカルレベルだからこそ、初心者もカジュアルにグループの中に入りやすい。ここから犬のことについて、多くを学んでゆくこともできる。そして、なんといっても無料。この気軽さから、犬とのトレーニングの面白さに目覚めて、最終的にはプロからトレーニングを教わりに、きちんと教室に通う人もたくさんいる。犬のレベル、そして犬の飼い主のレベル、犬への意識の高さを助長するには、まずは、こんな地域ぐるみの犬活動が大事ではないかと思う。

そして知識が増えれば増えるほど、おかしな犬の飼い方をする人も減り、結果、問題行動も、かなり減るはずだ。となれば、「飼いきれません」といって犬を手放す人の減少につながるだろう。

地域。大事である。皆さんの周りには、地域ぐるみでの犬活動グループ、ありますか?なかったらさっそく自分でフェイスブックのグループを作ってしまおう!とくに地元ベースの散歩グループはおすすめ。やってみると、意外に人が集まるかも!

 

GREEN DOGがお勧めする商品

フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
累計注文30,000食突破(2016年7月現在)
フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
ワイルドアラスカンサーモンオイル
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
バランスフローラ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
ペット用歯磨きジェル 歯にマヌカ
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
WITH GREEN DOG ミニサイズおやつセット

dog actually ライター書籍 PickUp

「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレーニング法だった! (世界のドッグスペシャリスト)
「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレー… イェシカ・オーベリー (著), 藤田 りか子 (編集, 写真) 誠文堂新光社 (2015/8/20)
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形 藤田 りか子 (著), リネー・ヴィレス (著, その他)
誠文堂新光社 (2015/2/24)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら… ヴィベケ リーセ (著), 藤田 りか子 (編集), Vibeke Sch. Reese (原著)
誠文堂新光社 (2014/8/20)
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則 尾形 聡子 (編集)
誠文堂新光社 (2014/1/20)
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ カリーナ・ベス・マクドナルド (著), 森 ひとみ (翻訳), 尾形 聡子 (翻訳)
エー・ディー・サマーズ (2014/2/28)
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ()
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (編集)
誠文堂新光社 (2013/12/10)
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック ヴィベケ・リーセ (著)
誠文堂新光社 (2014/7/10)
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド ヴィベケ・S. リーセ (著), 藤田 りか子 (編集, 写真)
誠文堂新光社 (2011/8/19)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く!… ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2013/4/19)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! … ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2012/11/19)

もっと見る