オス犬のマーキング管理とインパルス・コントロール

藤田りか子

コメント(2)

ImpulseControll-Pomeranian-Kissa.jpg

穏やかな犬であれば、それほど気にならない問題なのだが、何かと反応しやすい犬(良きにつけ悪しきにつけ)であれば、インパルス・コントロール(衝動を抑制する)トレーニングは欠かせないだろう。前回のブログでは、オスイヌのインパルス・コントロールについて少し触れた。好き勝手におしっこでマーキングしちゃだめ、好きな匂いがあるからって、勝手にリードをひっぱってその方向に走り出すのはだめ、発情期のメスは飼い主といっしょにいる時は無視すること...などなど!

こんな話をするのも、愛犬のラッコは、今まで飼ったどんなオス犬よりも、反応しやすい気質を持っており、私もそれなりに大きな努力を払っているからだ。ただし、こんなじゃじゃ馬な犬でも、やっぱりトレーニングを諦めずにつづけていけば、いつかはインパルス・コントロールの入った犬になるものだ。

もしかして自分の愛犬の「じゃじゃ馬ぶり」に諦めかけている飼い主さんがいれば、私からのせめての助言は、「それでも諦めないように!」、ということ。そして自分では手に負えないと、訓練士に預けっぱなしにしないこと!飼い主として、いろいろ知識をつけ、常に、頭を使い、あれこれと、作戦を練ることだ。いずれ、自分なりの答えがでてくる。ただし、 いろいろなトレーニング・コースに参加するのは大事だと思う。その度に得られるトレーナーや他の飼い主の意見を、自分のトレーニングの参考にすべきだ。

ラッコが完全とはいえなくとも、最近インパルス・コントロールができるようになったのは、あくまでも私と「協調関係」をする感情が芽生え始めているからだ。トレーナーにすべて訓練を任せている限り、飼い主と犬の間の協調関係は生まれるはずがない。自分でトレーニングすることの大事さについては、史嶋さんのブログもぜひ読まれたい。

協調関係に基づかないインパルス・コントロールは、犬を殴るとか、ややもすれば力づくで抑えることでしか最終的な手段はないかもしれない。それで治る犬もいるかもしれないが、飼い主との信頼関係はどうなるだろう?私は、自分に向かって背を低くしながら、それも尾はやや両脚の間にいれたまま、スマなさそうに近づいてくる愛犬の姿など見たくない。

インパルス・コントロールは、環境トレーニングの一つと言ってもいい。その主旨は「いちいち、周りの出来事に過激に反応しないこと!」

過激に反応しなければ、気持ちが落ち着くから、衝動によって何かをするのも、控えられることができる。

ImpulseControll-Lacko-Ligg.jpg

こうして、他の犬といっしょに犬のトレーニングコースをとることによって、徐々に、飼い主の側にいるのが、一番自分の落ち着ける場になるのだ、と学ぶこともできる。犬にこの感情を気づかせてあげるのも、インパルス・コントロールのトレーニングの一つである。

そして何かとがさつく犬を環境トレーニングする際の大基本。

その日の運動もさせないまま家から出して、いきなり犬がたくさんいる場所にいったり、気の散るようなところにいったりしないことだ。血気盛んな犬をトレーニングするには、ある程度、身体的にも十分ストレスを発散させている必要がある。私の場合、慣れた散歩道を使い、まずみっちり集中をした散歩を一時間半与えてから、環境トレーニングに臨むことにしている。

というのも、ストレス状態で、あまりにも刺激の多い場所に何時も行っていると、環境トレーニングどころか、かえって余計なことを学ばせてしまう。つまり、街にでれば、「セカセカ」するのが癖になり、それが行動として身についてしまう、ということだ。攻撃的な行動を身につけた犬が、向こうからきた犬をみただけでほとんど反射的に反応して「ガウガウ」するのと同じ仕組みである。

ある程度、身体を使わせた後で、新しい環境に出せば、犬もそれほど興奮をしない。従って頭の落ち着きを取り戻すペースは断然早い。そして、新しい環境に出た時は、まずはゆっくりとその環境を犬に「経験」させてあげることだ。

いきなり、座れ、つけ、伏せ、などやたらとコマンドを出さずに、まずはどこかベンチに座って、ゆっくりといっしょに周りの環境を見てもらう。缶コーヒーやお茶などを飲みながら、とにかくゆっくりする。このトレーニングは、ショードッグのハンドリング・トレーニングのコースでも使ったテクニックだ。ある程度トレーニングしたあと、皆でコーヒーを飲む。もちろん、犬を横に連れたままだ。人間がお茶などを飲んでいると、その落ち着きのムードは犬にも次第に伝播される。

時に、あまりにも犬が興奮している場合は、その日は、ベンチでお茶を飲んで、まったりと時間を過ごすだけでもよし。その間に、犬に座れ、などとコマンドを与えて、さらなるストレスホルモンを充電させないよう。飼い主も、静かに声をかけたり、アイコンタクトをとってきたら、トリーツを与える程度でよし。

こんなことを繰り返していると(かなりの期間!)、犬は、次第に、飼い主に自分の気持ちを委ね始めてくるものだ。

「そうか、かぁちゃんといっしょにいれば、何も恐ろしいことなど起こることがないんだ!」

何も自分でアクションなどを起こさなくてもいい。何もせずただ、 街の雑踏に身を置くことができる、ということを学ぶ。そこに、飼い主の精神的サポートが活きてくる。

ImpulseControll-Lacko_i_stan.jpg

白い泡の唾液がだらだら。新しい環境に興奮している証拠。犬のストレスレベルを見ながら、環境トレーニングを行うこと。あくびをしているのは、今の状況を「わかったよ」と受け入れている証拠。しかし、ラッコの内心は「できるなら、全てを嗅いで確かめたい!」初期の人混みでのトレーニングの一シーンから。

おしっこをあちこちにひっかける、地面をずっと臭わずにはいられない、というのは、自分の権利を主張しているというよりも、多くの場合、不安に駆られて、自分の気持ちを落ち着けようとするために行われる。たとえば、ラッコは、レトリービングのスポーツをしている時、トレーニンング当初は、新しい場所でダミーを回収させると、かならずおしっこをまわりに引っ掛け回したものだ。これは新しい環境にきて、そして周りにたくさんの犬がいて、動揺して、何をしたらいいかわからなくなって急に頭が混乱。とりあえず、おしっこをして自分の気持ちを落ち着かせようとしていた。

こんな風に、ゆったりと犬をすごさせた後に、新しい環境を少し歩いてみる。おしっこをしそうなそぶりをしたら、急いで止める!(ただしすでにおしっこをし始めた後では遅し!犬のボディランゲージをよく読むこと)。犬は落ち着けば落ち着くほど、集中力が増すから、たいして声を荒げなくとも、飼い主の禁止言葉を聞けるほど、この頃までには心に余裕が持てているはずである。そして落ち着いていれば、おしっこをあちこちに引っ掛ける欲望も少なくなる。自分の気持ちがどういうものなのか、どうすべきなのか、飼い主のサポートに安心をして、自分でも予測がついてくるからだ。逆に予測不可能なものほど、犬を心配にさせるものはない。

そしてなんでもメリハリが大事。おしっこをしてはならない、という規則を守ってもらうためには、おしっこをしてもいい、という規則もつくらなきゃ、犬には全体が把握できないだろう。なので、おしっこをしていいよ!という合図も作っておく。私は、リードを長くすることで、好きにしていいよ!という合図にしている。リードが半分の長さの時は、きちんと歩くこと。おしっこをそこらじゅうにひっかけちゃだめ、という合図でもある。

おしっこをしたい!という衝動の抑制は、こんな風なトレーニングを通して犬は学んでくれる。一旦学び始めたら、いちいち、ベンチに座って環境を見せることなどせずにも、雑踏を散歩することができるようになる。

インパルス・コントロールについては、トレーナーによっていろいろなバージョンがある。これはあくまでも私とラッコの例なので、みなさんも、自分でやり方を探るべきだろう。自分の性格、自分の愛犬の性格、そして各々の置かれている状況がある。よってトレーニング方法は一つだけではない。

【関連記事】
発情期のメスはお断り
自分の犬は自分で訓練しよう

 

GREEN DOGがお勧めする商品

フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
累計注文30,000食突破(2016年7月現在)
フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
ワイルドアラスカンサーモンオイル
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
バランスフローラ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
ペット用歯磨きジェル 歯にマヌカ
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
WITH GREEN DOG ミニサイズおやつセット

dog actually ライター書籍 PickUp

「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレーニング法だった! (世界のドッグスペシャリスト)
「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレー… イェシカ・オーベリー (著), 藤田 りか子 (編集, 写真) 誠文堂新光社 (2015/8/20)
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形 藤田 りか子 (著), リネー・ヴィレス (著, その他)
誠文堂新光社 (2015/2/24)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら… ヴィベケ リーセ (著), 藤田 りか子 (編集), Vibeke Sch. Reese (原著)
誠文堂新光社 (2014/8/20)
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則 尾形 聡子 (編集)
誠文堂新光社 (2014/1/20)
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ カリーナ・ベス・マクドナルド (著), 森 ひとみ (翻訳), 尾形 聡子 (翻訳)
エー・ディー・サマーズ (2014/2/28)
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ()
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (編集)
誠文堂新光社 (2013/12/10)
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック ヴィベケ・リーセ (著)
誠文堂新光社 (2014/7/10)
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド ヴィベケ・S. リーセ (著), 藤田 りか子 (編集, 写真)
誠文堂新光社 (2011/8/19)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く!… ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2013/4/19)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! … ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2012/11/19)

もっと見る