老犬に愛を

京子アルシャー

コメント(2)

030614_Beate.jpg

スペイン・カナリア諸島からやってきた小さな犬、グラニー・ベアーテ。

優しい目や体つきからおそらくチワワの血が混ざっていると思われる雑種のこの犬は、スペインの殺処分場にいたところを動物保護活動者によって引き出された。当時脇腹に大きな腫瘍を抱えていたことから、腫瘍が原因で手放されたのではないかと推測される。引き出された後に急いで切除された腫瘍は2kgもあり、体重約5kgのこの小さな犬には大きすぎる負担であるのは明確だった。体に入っているマイクロチップからこの犬が14歳であると手術後に判明し、手術の傷が癒える頃それでもグラニー・ベアーテは新しい家族を捜すためにドイツにやってきた。

そして老犬ならではの落ち着きとマイペースさが気に入られ、当初預かりだけのつもりだった家族にそのまま「うちの子」として受け入れられることになった。この犬の辿ってきた犬生を知ることは出来ないが、ひとまずはハッピーエンドである。

こんなグラニー・ベアーテの運命を見て、愛護センターに収容される高齢の犬達のことに少しモヤモヤした。昨年9月の動物愛護管理法改正以来、全国の愛護センターは飼い主からの引き取りを拒否できるようになったとはいえ、現実的にはまだまだ高齢の犬の引き取りが多い。

数年間飼っていたもののいつしか愛情を失い「不要」となって持ち込んだ先の愛護センターで、引き取り拒否された犬へ再び愛情を注げというのは、かなり難しいことだ。人間同士だって、一度愛想が尽きた相手を再び好きになるのは難しい。経済的な余裕があれば老犬ホームという選択肢もあるが、余裕がない場合はまず愛護センターが第一の選択肢に上り、さらに病気とあっては介護のためにもお金をかけ時間も割かねばならないから、そんな負担を負うのがいやで愛護センターへの引き取りを依頼してくるのに、これを覆すのはセンター職員にとってもかなり至難の業だ。だから法改正の後も市民との摩擦を避けるために、高齢犬の引き取りを拒否せず行っているところが多いように思う。

環境省が犬の終生飼養を推奨する一方で、収容された「高齢で病気持ち」の犬は譲渡の可能性が著しく低いとみなされ、あるいは「高齢だから譲渡が難しい」と、老犬への啓蒙もしないままに譲渡不可能として真っ先に殺処分の対象にされてしまう現実に愛護の矛盾を感じる。

日本人が幼齢動物を好む傾向から「譲渡しやすい子犬に優先的に里親募集がかけられるのを見ていると、ペットショップで子犬が売れる現象と何ら変わりないようにすら思え、根本的な問題解決がなされていない気がしないでもない。子犬のかわいさには誰もが目尻を下げ、「犬を飼うなら子犬から」という信奉がいまだに根強い日本では、どの愛護センターもペットショップに負けじと子犬の譲渡には力を入れるが、一方で高齢の犬に関してはまだまだ冷たい。

だから、あえてここで社会から見捨てられて行く老犬への愛情を訴えてみたい。

高齢の犬には似たようなペースで過ごせるご年配の家族がいい。あまり高齢過ぎずに、まだまだ犬を飼える体力が残っている定年前後のご夫婦というのがよいかもしれない。
高齢の犬は運動量が少なく、余命も短い。正直言って5年後は生きているかも分からない。「病気だから」と、犬にお金をかけたくない飼い主から愛護センターに持ち込まれる老犬に、その短い余命を幸せに暮らさせてやれるだけの愛情を社会は注いでもいいんじゃないかと思う。
ただ高齢だから病気治療のための獣医療費や介護の問題が出てくるが、年配の方で犬の里親を希望される方には往々にして時間にも経済的にも余裕のある方が多いのも事実である。

顔つきの穏やかさと落ち着きは老犬の最大の魅力、若犬のように飛んだりはねたりボールを追ったりは出来ないかもしれないけれど、老犬ならではのまったりとした雰囲気はまたのんびりとした散歩のお供にちょうどいい。きっと人々の心に響く犬であることに違いない。

どうか、もっと老犬に愛を。

【関連記事】
老犬ヘンリー

 

GREEN DOGがお勧めする商品

フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
累計注文30,000食突破(2016年7月現在)
フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
ワイルドアラスカンサーモンオイル
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
バランスフローラ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
ペット用歯磨きジェル 歯にマヌカ
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
WITH GREEN DOG ミニサイズおやつセット

dog actually ライター書籍 PickUp

「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレーニング法だった! (世界のドッグスペシャリスト)
「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレー… イェシカ・オーベリー (著), 藤田 りか子 (編集, 写真) 誠文堂新光社 (2015/8/20)
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形 藤田 りか子 (著), リネー・ヴィレス (著, その他)
誠文堂新光社 (2015/2/24)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら… ヴィベケ リーセ (著), 藤田 りか子 (編集), Vibeke Sch. Reese (原著)
誠文堂新光社 (2014/8/20)
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則 尾形 聡子 (編集)
誠文堂新光社 (2014/1/20)
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ カリーナ・ベス・マクドナルド (著), 森 ひとみ (翻訳), 尾形 聡子 (翻訳)
エー・ディー・サマーズ (2014/2/28)
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ()
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (編集)
誠文堂新光社 (2013/12/10)
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック ヴィベケ・リーセ (著)
誠文堂新光社 (2014/7/10)
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド ヴィベケ・S. リーセ (著), 藤田 りか子 (編集, 写真)
誠文堂新光社 (2011/8/19)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く!… ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2013/4/19)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! … ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2012/11/19)

もっと見る