都会派の新スポーツ!犬のパルクール

藤田りか子

コメント(0)

Parkour11.jpg

周りのあるものを使って犬に飛んだり、登ったり、走ってもらう運動方法。パルクール。私は田舎に住んでいるので、飼い犬のラッコにトラクターのタイヤに飛び乗ってもらうことにした。数回トレーニングしたら、この通り、タイヤへのジャンプがパシリと決まった!

笑うなかれ。犬の世界にもパルクールがある。そして、今、スウェーデンで流行りつつある。私の友人は、「犬のパルクールなんてあったんだ!」となんだか馬鹿にしたような、感銘を受けたような、おかしな驚き方をしたものだが、いや、犬こそパルクール。ちなみに、人間の世界で行われているパルクールというスポーツは、走る、飛ぶ、登るといった運動を、周囲にあるものを利用して、行う運動方法。特別な施設など使わずとも、たとえば道にある柱や塀を利用してジャンプしたり飛んだり。公共のものを使うこともあるので、時には大迷惑なスポーツとして捉えられているが、これは本人の常識次第。

というわけで、犬に応用するパルクールも、やはり散歩道に見られる周囲のものを利用して行う。これが、このスポーツの面白いところ。たとえば、道ばたにブロックがあれば、その上にジャンプしてもらう、あるいはジャンプしなくても跨ぐ、前脚をかける、その岩の周りをぐるりと周る、どんなことでもいいから、そのブロックをめぐって犬に何かをさせる。全ては、飼い主の想像力次第であり、実はいろんなことができるものだと、一度始めると自分ながらに驚くはずだ。

私の属している地元のワーキングドッグクラブでは、パルクール・グループというのが最近できて、私も参加することにした。このグループでは、隔週ぐらいでパルクール散歩会というものを行う。コースを決めて、集団散歩をするのだが、その時に各々で、道ばたに見つけられるさまざまな環境を使って、パルクール技をみつけてゆく。この散歩のある日の様子をここに記載したい。すると皆さんにも、パルクールというスポーツのフィーリングが掴めると思う。ちなみに集まった犬たちは、大きさも犬種もさまざま。チワワだって参加していたのだ。

集まった最初の場所は、公園の階段。まずは、ひとりが階段の上におもちゃを置いて、犬を送り出した。なんてことはない、持ってこい遊びに見えるが、技術が進めば、「登れ!」というコマンドでおもちゃなしに階段を一匹で登らせ、頂上で座らせる。そこでマテをしてもらって、その間に飼い主が追いつく。階段を登りきると、次に我々がみつけた障害は、道のガードレール。小型の犬はガードレールの下をくぐるという技をこなした。私の愛犬のようなでかい犬は、その上をジャンプするという技を披露。ジャンプをさせたくない人は、ガードレールの上に前脚を置くという技を犬にやらせた。

道沿いのガードレールが終わったところで、向こうにベンチが三つ並んでいるのが見えた。そこで、私は、そのベンチをアジリティの障害をこなすときのように、犬といっしょに走って、ベンチに飛び登らせ、そこを走らせた。そしてベンチから飛び降りると、すかさず、次のベンチに登らせ、走らせた。連続して飛んだり走ったり。これはなかなか軽快だ。ベンチとベンチの間の歩幅を犬は上手に計算して、次のジャンプをこなさなければならない。2度目の練習で、すぐにコツをつかんでくれた。この達成感も面白いし、犬もそれが分かるのか、とてもやる気。

Parkour12.jpg

こんな風に都会の中でも、環境の中にあるものを使って犬に何か技をこなさせる。この犬は、すでにアジリティに馴れているので、柵をジグザグに飛ぶという技に挑戦。別に飛ばなくてもよし。たとえば前脚をかける、とか、柱のまわりをスラロームしてもらうとか。どんなものを使って、どんな技を犬にしてもらうか、飼い主のアイデア次第!これが面白い。常に犬の身体的能力に合わせることも大事だ。無理をしては決していけない。

ただだらだらと歩くだけの散歩よりも、非常に楽しいのは、飼い主も、道ばたにあるものを「あ、これ使える!」「これを犬にさせよう!」と常に頭を働かせることが出来るから。そして、参加者の誰もが話していたのだが、犬が飼い主により注目をするということ。一才の思春期にある私の犬、ラッコは、普段は他の犬に気が散りまくっているのだが、彼ですらしばらく散歩が進んでゆくと、目を輝かせて、次?次?とコンタクト楽しくパルクール散歩を楽しむ。

そう、多分皆さんもいろいろなところで読んだり聞いていたりしていることと思うが、犬との関係を作る時に、まずは犬にとって飼い主が面白い!という存在にならなくてはならない。ただ叱ったり、ツケの練習をするだけでは関係というのは作れない。パルクールは飼い主にとっても、犬にとっても楽しく関係を作ってくれるいわばツールにもなる。もっともこのスポーツの元々の意味は、犬への身体バランス訓練。犬という動物は、バランス訓練をすると、より自信が付く、ということを知っていたかな?背中や脚の筋肉がついてくると、人間でもより歩きやすくなるし、気持ちが落ち着き自信がつく。

Parkour13.jpg

今週のパルクール・グループの課題は、何かに乗って、バランスを取るということ。田舎住まいの私は再び、田舎にあるものでこの課題をこなした。一輪車に乗ってもらい、そこでバランスを取る。一輪車はグラグラするから、しばらく訓練と馴れが必要だが、クリッカートレーニングであっという間に覚えてくれた。

犬のパルクールを行う上でいくつかの注意点を挙げよう。

  • 散歩をしながら行うので当然、リードをつけてもOK。ただし、首輪ではなくハーネスを使って。飛び降りたり、上がったりという激しい動きを伴うので、首輪だと首を絞めてしまう等、負担をかける。そして、どんな動作を行うんにしろリードはゆるりとしていること。

  • 犬の大きさと身体的限界を考えて。脚や腰の悪い犬に多くのジャンプを望まないこと。特にアスファルトに着地する場合など高さに気をつけて。できるだけ土に着地させる方がよし。ジャンプでなくとも、たとえば街路樹の木、ゴミ箱の周りをコマンドでくるりと周る、という技もあり。すべては想像力次第!

  • 飛び降りる時や、足場の悪いところを犬に歩かせるときは、いざという時に飼い主が犬の体を支えてあげれるよう、つねにサポートを与えること。

  • 環境にあるものを使うだけに、周りの人の迷惑をまず考えて。脚をつけてもいいものなのか、いけないのか、など。

前述したパルクール・グループは、Facebookでもそのグループのページがあり、ここで「今週の課題」が与えられる。先週は何かに飛び乗り、そこでバランスを取らせる、という技であった。これをいろいろな環境(障害)で3つこなす。できたら、それを写真にとってFacebookに載せる(写真上を参照)。さて二日前に出された新しい課題は、ひとっ飛びで何かをまたぎ飛ぶこと。う〜ん、一体、何を使おう。田舎に住む私は、都会へのアクセスがあまりないから、周りの環境はさしずめ、森の中となる。となると、岩かなぁ。あ、森にある小川を飛び越してもらおうか!私の友人は、すでに写真を送っているではないか。それも、街にある低い階段をひとっ飛び。

考える、という部分が、パルクールではほんと面白いのだ。そしてそれを犬がこなしてくれたら、尚楽しい。私はすっかりこのグループとスポーツにはまっているところだ。

 

GREEN DOGがお勧めする商品

フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
累計注文30,000食突破(2016年7月現在)
フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
ワイルドアラスカンサーモンオイル
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
バランスフローラ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
ペット用歯磨きジェル 歯にマヌカ
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
WITH GREEN DOG ミニサイズおやつセット

dog actually ライター書籍 PickUp

「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレーニング法だった! (世界のドッグスペシャリスト)
「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレー… イェシカ・オーベリー (著), 藤田 りか子 (編集, 写真) 誠文堂新光社 (2015/8/20)
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形 藤田 りか子 (著), リネー・ヴィレス (著, その他)
誠文堂新光社 (2015/2/24)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら… ヴィベケ リーセ (著), 藤田 りか子 (編集), Vibeke Sch. Reese (原著)
誠文堂新光社 (2014/8/20)
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則 尾形 聡子 (編集)
誠文堂新光社 (2014/1/20)
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ カリーナ・ベス・マクドナルド (著), 森 ひとみ (翻訳), 尾形 聡子 (翻訳)
エー・ディー・サマーズ (2014/2/28)
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ()
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (編集)
誠文堂新光社 (2013/12/10)
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック ヴィベケ・リーセ (著)
誠文堂新光社 (2014/7/10)
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド ヴィベケ・S. リーセ (著), 藤田 りか子 (編集, 写真)
誠文堂新光社 (2011/8/19)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く!… ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2013/4/19)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! … ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2012/11/19)

もっと見る