操られる飼い主

京子アルシャー

コメント(5)

200813_Strategie1.jpg

我が家では、夕飯は家族も犬もほぼ同時に食べ始めることになっている。「犬はヒトより後に食べさせる方が順位付けが明らかになってよい」と言われるが、そんなことよりも自分が台所に立っているうちに犬の食餌まで一緒に準備してしまう方が都合が良く、かといって準備してある食餌をそのまま台所に置いておくと犬がそわそわして、そんな犬を見ている自分の方が落ち着かない。

家族と同時に食べさせなければ犬は食餌がもらえるまで食卓の私たちの側にへばりつき、恨めしそうな目でじっと見つめる。「お座りしたらもらえるかもしれない」あるいは「お手をするともらえるかもしれない」、あの手この手と犬はいろいろ試し、その都度無視しながら食べ続ける家族の不自然さ。室内飼いがゆえの問題である。

食べている間、ずっと犬の熱い視線を感じているのはあまり気持ちの良いものではない。従順そうな目でじっと見つめられると、その目を無視することに何となく罪悪感のようなものを感じるのは、たぶんヒトならではの心の葛藤なのだろう。その場で粘る犬と無視を装う飼い主との根比べが、静かに繰り広げられるのであった。

時々見計らって寝床へ戻るよう犬にコマンド(命令)を出してみるが、コマンドが出るということはその報酬を当然犬は期待する。寝床に戻って待ってみたものの犬には褒めの言葉が飛んでくるだけで、犬の期待する報酬は出てこない。うちの犬は訓練系の犬ではなく、単に計算高い性格で、コマンドと報酬を常々天秤にかけて反応するタイプの犬だから、結局同じことをもう一度繰り返そうと思っても犬はすぐに気づき、コマンドには従わなくなる。

なにしろ家族の弱点は子供だということを、うちの犬は知っている。子供の側に犬が座り、勝手に「お手」でもしようものなら、子供は喜んでそれに反応してしまう。しかし、反応した子供にさらに親が反応して声を荒げてしまうのは、何となくご飯が不味くなるようで好ましくない。

冷静に考えた末、そもそも食事の順番にこだわるよりも、犬の信用を失うことの方がわが家にとっては問題であるということで、事態を早急に平和的に解決すべく、結局家族も犬も同時に夕食を始めるようになり、食べ終わった犬はさっさと自発的に寝床へ戻るという習慣に落ち着いた。犬の作戦勝ちである。

200813_Strategie2.jpg

どうやら犬の視点からしてみれば、ヒトを操るのはさほど難しくはないようだ。

見つめたり、飛びついたり、行く手を阻んだり、あるいは遊び道具を持ってきて遊びを誘ったり、仰向けに転がってなだめるように前足で空を掻いたりと、犬がヒトを動かそうとするとき、その戦略にはいくつかのパターンがある。そしてそれらの戦略に、ヒトはいとも簡単にはまってしまう。

飼い主が他のヒトと話しているところにグイグイと割り込んだり、「ワン!」とでも吠えようものなら犬はすぐにでも注目を浴びることができる。この飼い主の反応の良さが犬にとっては報酬となり、飼い主のほんの一瞬の反応や躊躇を犬は見逃さず、自分の目的に向かってヒトを操ろうとひたむきな努力がさらに続けられる。あのタイミングでこの行動、あれをやったらよい結果が得られた、と犬はともかく飼い主の観察に余念がなく、前向きでチャレンジ精神旺盛である。

実は、何か食べたい、外に行きたい、遊びたい、といった欲求を満たすために犬自身が獲得した行動は、ヒトの幼児がとる行動になんとなく重ねて考えることができる。だからだろうか、ヒトがいとも簡単に犬の戦略にはまってしまうのは。

犬はヒトとは異なる生き物なのに、犬にはどことなく人間臭さが感じられて仕方がない。言葉を使わずともアイコンタクトで会話ができ、ヒトにそっと寄り添い、楽しさを分かち合うことができる動物、それが犬だ。食餌を巡る微妙な駆け引きもまた、お互いの懐を探り合うゲームのようなもので、犬が作戦勝ちしたからといって、やはりお互いの関係が変わるわけではない、というのが正直なところだ。

ともあれ私にしてみれば、満腹で寝床に転がり、まったりくつろぐ犬の姿を見ながらの夕飯は「安堵」というおかずが一品加えられるようなもの。よろこんで操られてやろう、と思うのは少し甘過ぎだろうか。

 

GREEN DOGがお勧めする商品

フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
累計注文30,000食突破(2016年7月現在)
フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
ワイルドアラスカンサーモンオイル
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
バランスフローラ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
ペット用歯磨きジェル 歯にマヌカ
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
WITH GREEN DOG ミニサイズおやつセット

dog actually ライター書籍 PickUp

「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレーニング法だった! (世界のドッグスペシャリスト)
「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレー… イェシカ・オーベリー (著), 藤田 りか子 (編集, 写真) 誠文堂新光社 (2015/8/20)
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形 藤田 りか子 (著), リネー・ヴィレス (著, その他)
誠文堂新光社 (2015/2/24)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら… ヴィベケ リーセ (著), 藤田 りか子 (編集), Vibeke Sch. Reese (原著)
誠文堂新光社 (2014/8/20)
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則 尾形 聡子 (編集)
誠文堂新光社 (2014/1/20)
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ カリーナ・ベス・マクドナルド (著), 森 ひとみ (翻訳), 尾形 聡子 (翻訳)
エー・ディー・サマーズ (2014/2/28)
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ()
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (編集)
誠文堂新光社 (2013/12/10)
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック ヴィベケ・リーセ (著)
誠文堂新光社 (2014/7/10)
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド ヴィベケ・S. リーセ (著), 藤田 りか子 (編集, 写真)
誠文堂新光社 (2011/8/19)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く!… ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2013/4/19)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! … ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2012/11/19)

もっと見る