ブリーダーと共に犬種を育てる

藤田りか子

コメント(0)

Apportering01.jpg

ブリーダーから子犬を得ること」という記事に、スウェーデンでの子犬を迎えるにあたっての事情を紹介した。今回の記事は、そのフォローアップである。ブリーダーから直接犬を得ることは、子犬を購入したその瞬間のみならず、犬の成長を通して、飼い主にとって、そして犬たちにとって多くのメリットがある。

結論から先に言うと、私たち普通の飼い主たちも、ブリーダーとかかわりを持つことによって、犬種を作る、というひとつの「偉大なる(?)」作業に参加する機会が得られる、ということだ。

私の飼っている犬種は、カーリーコーテッドレトリーバーというガンドッグ(鳥猟犬)犬種である。つまり、ワーキングの能力が元になってできあがった種だ。これら、ワーキング犬種を育てるブリーダーは、その犬種を本当に愛していれば見かけのみならず、本来持っている作業能力も子孫に残そうと努力する。またその「遺伝子」を後世代に託すのみならず、それを活用させるべく、子犬を買ってくれたオーナーたちに作業能力の開発をも促す。手塩にかけて育てたブリーディングの数々。子孫たちがどれほど能力を受け継いでいるか見てみたい、活用させてあげたい、と思うのは当然だろう。

Pick.jpg

というわけで、気がついてみると300kmの道のりをかけ、私と若犬のラッコはレトリーバーのための訓練コースに参加をしていた。ちなみにそのコースの様子は、前回の記事に示したとおりだ。

このコース、実はラッコのブリーダーであるレーナさんがアレンジした。レトリーバーの訓練に専門化した優秀なトレーナーを招き、子犬を買ってくれた人だけのために独自の講習会を開催してくれたのだ。飼い主たち全員にコースに参加するよう、Facebookを通してレーナさんは呼びかけた。集まったのは10人のオーナーたちと12匹のカーリーたち。皆、レーナさんからの犬たちなので、兄弟犬同士もいれば腹違いの妹たち等もいる。ブリーダーの音頭を中心に、こうして仲間に会えるというのはやはりブリーダーから子犬を得ることのメリットでもある。そして、より犬仲間の友人が増える。ラッコに出会って以来、そしてレーナさんの仲介のおかげで私には20人ほどの新しい友人ができた。

しかし、このようなイベントにおいて何よりも大事なのは、ブリーダーが子犬の飼い主にトレーニングをするきっかけを作ったということだろう。きっとワーキング系の犬種を飼った多くの人なら、
「いずれは、訓練していたいのだけどね~」
などといいながら、なんとなく先送りしていたりする。仕事が忙しかったりで、なかなかきっかけが作れない。

しかし、こうしてブリーダーが積極的に動いてくれるおかげで、
「じゃぁ、参加してみようかな。兄弟犬たちにも会いたいし...」
そしていったん参加すると、もう最後!その楽しさに魅せられ、すっかりはまってしまうのだ。兄弟犬の飼い主たちと、今後のトレーニング方針を相談したり、話したり。ブリーダーからトレーニングの成果を褒められたり。このコースは二日間にわたって行われ、いわば訓練合宿となった。となると、夜は飲みながら、みなで犬談義に花を咲かせることができる。

「ああ、この世界、もう心地よくて、抜けられない...」
と気がつけばもう遅い!そう、ブリーダーの意図に我々はまんまとひっかかった。私たちは、これですっかり「犬種作り」の一員に取り込まれたというわけだ。

Fox.jpg

犬ではないけれど、飼い主だって「ポジティブ強化」によって、よりモチベーションがあがる。もっと犬を訓練したい、もっとカーリーをいい作業犬にしたい!と欲が出る(カーリーの作業能力はラブやゴールデンに比べると世間の評価がとても悪いのだ)。そして同じ犬種の飼い主たち、そしてブリーダーと交わるから、どんどんその犬種の世界における知識も増える。情報がどんどん入ってくる。私たちは、カーリーコーテッド内でもいろいろな系統の気質についてよく話したものだ。そんなことを話ながら、じゃあ自分の犬の気質なら今後のよい子孫作りに貢献できるかもしれない、とブリーダーに協調しようと乗り気になってくる。しかし、そのためには作業犬としてのタイトルも必要だし、ショードッグとしてもタイトルをある程度獲得しておかなくてはならない。そうしてさらに犬種を磨こうとする欲がでてくる。

スウェーデンの犬種作りは世界でとても定評がある。どの犬もなかなか皆粒が揃っている。そして見かけだけではなく、気質やあるいは作業能力もよく保たれている。それはペットショップで子犬を売らないから、という風に単純には説明できない。その背後には、ブリーダーが丁寧に犬を作っているということ。そしてブリーダーだけではなく、こうして飼い主たちがブリーダーのおかげで統合され、結局は犬作りに関わっているということ。レーナさんのようなブリーダーは実は、北欧では一般的とは言わないが、しかし決して珍しくない。

日本では「血統犬種は贅沢品だ」、と言う風な捉え方をされることがよくある。これは血統犬種を作るということに、もしかして理解があまり得られていないせいかもしれない。上で述べたように、お金を出せば最上級のものを得られるというのではなく、だれもがたくさんの努力をしてひとつの犬種を保ってゆく。そこには情報の交換、知識の蓄積がどうしても必要だ。そして、何よりも大いなる情熱と好奇心!それが犬種作りの動力源ではないかと思う。決してお金ではない。

そして何よりも我々飼い主がブリーダー共に犬種を作るという一体感は、血統犬種の飼い主ならではの特権だと思う。日本にもこんな風に「みんなで血統を作る!」という風潮が広まればいいと、心から願うのだ。

 

GREEN DOGがお勧めする商品

フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
累計注文30,000食突破(2016年7月現在)
フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
ワイルドアラスカンサーモンオイル
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
バランスフローラ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
ペット用歯磨きジェル 歯にマヌカ
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
WITH GREEN DOG ミニサイズおやつセット

dog actually ライター書籍 PickUp

「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレーニング法だった! (世界のドッグスペシャリスト)
「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレー… イェシカ・オーベリー (著), 藤田 りか子 (編集, 写真) 誠文堂新光社 (2015/8/20)
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形 藤田 りか子 (著), リネー・ヴィレス (著, その他)
誠文堂新光社 (2015/2/24)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら… ヴィベケ リーセ (著), 藤田 りか子 (編集), Vibeke Sch. Reese (原著)
誠文堂新光社 (2014/8/20)
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則 尾形 聡子 (編集)
誠文堂新光社 (2014/1/20)
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ カリーナ・ベス・マクドナルド (著), 森 ひとみ (翻訳), 尾形 聡子 (翻訳)
エー・ディー・サマーズ (2014/2/28)
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ()
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (編集)
誠文堂新光社 (2013/12/10)
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック ヴィベケ・リーセ (著)
誠文堂新光社 (2014/7/10)
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド ヴィベケ・S. リーセ (著), 藤田 りか子 (編集, 写真)
誠文堂新光社 (2011/8/19)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く!… ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2013/4/19)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! … ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2012/11/19)

もっと見る