ピットブルのウォレスのバケツリスト

ガニング亜紀

コメント(0)

IMG_1531w.jpg

ピットブルのウォレスはこの本の主人公。今年の8月に出版され、AMAZON.COMの「アニマル&ペットケア、エッセイ」部門の売り上げ第6位というベストセラーです。2歳の時にアニマルシェルターに預けられ、誰も貰い手のなかった彼がシェルターのボランティアの若い夫婦に引き取られ、ディスクドッグ競技のワールドチャンピオンになるまでの軌跡を綴ったノンフィクションです。

そしてタイトルの中のもうひとつのキーワード「バケツリスト」、ちょっと変な言葉ですが、俗語で「死ぬまでにやっておきたいことのリスト」のことをこう呼びます(余談ですが2007年に公開されたジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演のBucket Listという映画がありました。邦題は「最高の人生の見つけ方」ウォレスは今あの映画を地で行っています)。

この本の著者ジム・ゴーラント氏は雑誌スポーツ・イラストレイティッドの編集者/ライターです。スポーツ関連の雑誌ですから、ゴーラント氏が書く記事はスポーツ選手を取材したものがほとんどです。2007年、プロアメリカンフットボールの人気選手マイケル・ヴィックが闇闘犬と動物虐待の件で逮捕された時、ヴィックの取材をしたことがきっかけで、事件の際に保護された50頭以上のピットブル達のことを知り、犬達のリハビリの過程とその後を描いたノンフィクション「The LOST DOGS」がゴーラント氏が書いた初めての犬のストーリーでした。

The LOST DOGSの取材の過程で、ゴーラント氏はヴィックの犬の1頭を家族に迎えたヨリ夫妻に出会いました。その当時、夫妻の家には4頭の先住犬がいて、そのうちの1頭がピットブルのウォレスでした。ゴーラント氏はウォレスのストーリーに魅了され、さらに取材を続けて出来上がった本が前述の「Wallace」です。

こちらは本のプロモーションビデオですが、ウォレスがどんな犬かが紹介されています。

ウォレスは子犬の時に、おそらく闘犬用に繁殖されていたと思われる所からアニマルコントロールによって保護され、新しい飼い主のもとに引き取られました。しかし桁外れの体力とプレイドライブの強さから、手に負えなくなった飼い主によって2歳の時に民間のNo Killシェルターに連れて来られました。家庭においてさえそんな状態だった犬が退屈なシェルター生活に満足できるわけもなく、ウォレスの問題行動はエスカレートしていきました。当然ながらウォレスを引き取りたいという人も現れず、No Killであるはずのシェルター内で「この犬のはリハビリ不可能ということで殺処分にした方が良いのではないか」との声さえ上がり始めました。

そんなウォレスに深い愛情を注ぎ続けていたのが、シェルターでボランティアをしていたヨリ夫妻でした。2頭の先住犬がいたため、ウォレスをアダプトすることを躊躇していた夫妻でしたが、殺処分の可能性を耳にしてウォレスを家族に迎えました。

ウォレスの飛び抜けた運動神経、体力、集中力を生かすためにご主人のルーさんがたどり着いたのがディスク競技でした。本の中では競技との出会い、練習の試行錯誤、大会で頭角を現し始める過程が詳しく描かれています。著者がスポーツ記者であるだけに、競技のシーンの活き活きとした描写は特に素晴らしく、ドキドキハラハラしながら読み進めます。

誰にも望まれず殺処分寸前だったピットブルが、ディスクドッグ競技のワールドチャンピオンまで登りつめ、そしてそれをきっかけにヨリ夫妻がピットブルに対する偏見や特定犬種規制法に対して声をあげていきたいと行動し始める。「Wallace」はそんな素敵なノンフィクションです。

しかし、今年の8月に本が出版された僅か2週間足らずの後、ウォレスは進行性の血管肉腫に冒されていることが判明しました。とても進行の早いタイプのガンで、もう積極的な治療を進められる段階は過ぎてしまっていました。現在10歳のウォレスに、残された時間はもうそれほどたくさんはありません。

本が出版される以前から有名で人気者であったウォレスですから、知らせを聞いたファンのショックと嘆きはたいへん大きなものでした。しかし、最も大きな悲しみに打ちのめされたのはウォレスのことを誰よりも深く愛しているヨリ夫妻であったことは、言うまでもありません。

夫妻は残された時間をより充実したものにするために、「ウォレスのバケツリスト」を作って発表しました。これがそのリストです。

  1. カヌーに乗りに行く!
  2. 少なくともあと1回はディスクをプレーする!
  3. オートバイのサイドカーに乗る!
  4. 海に行ってジャブジャブ歩く!
  5. ベティ・ホワイトさんに会う!
  6. ドッグパークに行く!
  7. グッドシチズンテストに合格する!

2番目以外はウォレスが経験したことのないものばかりです。
5番目のベティ・ホワイトさんというのはもうすぐ91歳を迎える女優さんで、コメディを中心に今も現役で活躍しています。日本で言えば森光子さんのような存在でしょうか。アニマルラバーとしても有名で「Betty White's Pet-LOVE」という著書やレスキュー活動への支援でもよく知られています。
7番目のグッドシチズンテストは、AKCが開催するCanine good citizen testのことです(過去にこちらで紹介しています)。

ウォレスのバケツリストはFacebookや犬関連のフォーラムで瞬く間に広まり、「自分のサイドカー付きのオートバイを使って欲しい」という申し出や、ベティ・ホワイトさんの撮影スタジオを訪問する許可が下りたり、とリストを消化していくために多くの人が手を差し伸べました。

11月下旬の時点で、ウォレスは7番目のグッドシチズンテスト以外の全てのリスト項目をクリアしました。そして何より大切なことは、ウォレスは今も元気で暮らしているということです。

こちらはリストの4番目「海に行ってジャブジャブ歩く」を実現したウォレスです。


生き物と一緒に暮らしている以上、お別れの時が来る事を避けることはできません。そしてウォレスのように残された時間が少ししかないことを知らされる場合もあるでしょう。

私自身はそんな時のことを想像して「残された短い時間を台無しにしないために、泣かずに思い切り充実した時間をすごさせてやりたい。でもそんなことができるだろうか?」と今までに何度も自問自答してきたことがありました。

けれど、ヨリ夫妻の最大限の努力で作られた時間の全ての瞬間を全身で楽しんでいるウォレスの姿を見ていると、「未来を憂うのでもなく、過去を懐かしむでもなく、今を生きるのが犬だもの。何が来ても犬と一緒に今を生きて行くしかないか!」と、そんな気持ちにさせられました。最後の瞬間まで犬の前では笑っていてやりたい。涙を流すのは犬が旅立った後で。今はそれが私の目標のひとつでもあります。

ウォレスとヨリ夫妻はもちろんのこと、1頭でも多くの犬が愛する人間と素敵な一生を送れるようにと心からお祈りします。

「Wallace」残念ながら邦訳は出版されていませんが、英語でもよろしければ、とてもお勧めの一冊です。

<参考サイト>
https://www.facebook.com/WallaceThePitBull

 

GREEN DOGがお勧めする商品

フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
累計注文30,000食突破(2016年7月現在)
フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
ワイルドアラスカンサーモンオイル
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
バランスフローラ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
ペット用歯磨きジェル 歯にマヌカ
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
WITH GREEN DOG ミニサイズおやつセット

dog actually ライター書籍 PickUp

「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレーニング法だった! (世界のドッグスペシャリスト)
「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレー… イェシカ・オーベリー (著), 藤田 りか子 (編集, 写真) 誠文堂新光社 (2015/8/20)
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形 藤田 りか子 (著), リネー・ヴィレス (著, その他)
誠文堂新光社 (2015/2/24)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら… ヴィベケ リーセ (著), 藤田 りか子 (編集), Vibeke Sch. Reese (原著)
誠文堂新光社 (2014/8/20)
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則 尾形 聡子 (編集)
誠文堂新光社 (2014/1/20)
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ カリーナ・ベス・マクドナルド (著), 森 ひとみ (翻訳), 尾形 聡子 (翻訳)
エー・ディー・サマーズ (2014/2/28)
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ()
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (編集)
誠文堂新光社 (2013/12/10)
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック ヴィベケ・リーセ (著)
誠文堂新光社 (2014/7/10)
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド ヴィベケ・S. リーセ (著), 藤田 りか子 (編集, 写真)
誠文堂新光社 (2011/8/19)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く!… ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2013/4/19)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! … ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2012/11/19)

もっと見る