股関節形成不全の発症に大きく影響する、子犬時代の生活環境

The dog actually Times

コメント(1)

Krontveiet_og_hunder_2_hoved.jpg

[photo from Norwegian School of Veterinary Science

股関節形成不全症(Hip Dysplasia:HD)ほど、愛犬家の方々に広く知られている犬の病気はないかもしれません。とりわけ大型犬に発症しやすいこの病気は、遺伝的側面と環境的側面とが影響をして発症する病気であることは、ドッグアクチュアリーの読者の皆さんならばすでにご存知のことと思います。犬は生まれながらにして股関節形成不全になっているわけではなく、遺伝的に発病リスクを抱えた犬が成長に伴いさまざまな程度の症状を呈していく病気です。このたびノルウェーの研究者により、子犬時代の生活環境が股関節形成不全の発症に大きく影響を及ぼしているという研究調査が発表されました。

研究に参加したのは、ニューファンドランド、ラブラドール・レトリーバー、レオンベルガー、アイリッシュ・ウルフハウンドの4犬種500頭。生まれた環境と育った環境とを調査するために、ブリーダーと新しい飼い主の両方に対してアンケートをとり、さらに外科獣医師による診察が行われました。

以前の研究では、早すぎる成長と重い体重とが股関節形成不全を発展させる可能性を増やす要因となることが示されていました。しかし、今回発表された研究から、子犬が1歳になるまでの成長過程において、最も成長率が遅かったニューファンドランドが最も股関節形成不全の発症率が高く(36%)、最も成長率が早かったアイリッシュ・ウルフハウンドが最も発症率が低い(10%)ことが明らかにされました。

また、ブリーダー宅での過ごし方、新しい飼い主の家での過ごし方によっても、発症率に差が出てくることが明らかに。ブリーダー宅で過ごす期間において、春または夏に生まれた子犬で、農場や小さな農地に住むブリーダーの家で育った犬は、股関節形成不全を発達させるリスクがより低いことが分かりました。また、ブリーダー宅でのおよそ8週間の生活を終えた後の新しい飼い主との生活においては、3ヶ月齢まで公園で毎日運動をする機会を持つことで発症リスクが減少しており、一方で、同じ月齢まで毎日階段を使うことが発症リスクを増加させていることが分かりました。つまり、将来的な股関節形成不全の発症を防ぐには、3ヶ月齢という年齢まで無理のない地形で毎日運動することが、将来的に有効であることが示されたのです。

そして、飼い主への年に一度アンケートは犬が10歳になるまで続けられました。それによりますと、ニューファンドランドとレオンベルガーにおいて、症状が重度なほど寿命が短いことが分かりました。一方、ラブラドールとアイリッシュ・ウルフハウンドは、股関節形成不全の重症度に寿命が大きく影響することは無かったそうです。また、関節痛や足を引きずるといった症状が最も早く出たのがニューファンドランドであり、もっとも遅くあらわれたのがラブラドールでした。さらに、さまざまな地形で運動をしてきた犬は、あまり運動をしなかった犬に比べると、症状が出てくるまでの時間が長かったことも分かったそうです。

股関節形成不全を発症する犬種のブリーダーの方々が、このような長期的な研究結果を繁殖現場に反映して、子犬たちが手元にいる期間に注意すべきことを再確認し、さらに子犬を受け渡す時には新しい飼い主に対して生活上で注意すべきことのひとつとしてきちんと伝えられるようにしていくのが、股関節形成不全で苦しむ犬やそのような犬と暮らす飼い主の方々を減らしていくために行っていくべき大切なことと考えています。症状に差こそあれ、常に爆弾を抱えた状況での生活、すでに痛みがある場合はとりわけ犬たちのQOLに大きく影響をしてくる病気ですから、いかにして発症リスクを減らし、発症したとしても重度にならないようにしてなるべく健康に過ごすことができるよう、出来る限り対応していって欲しいと思うのです。そして、子犬が母犬から早期に離されて狭いケージ内で販売されるということが、精神的な面だけでなく身体的にも子犬のその後の成長に大きな影響を与えるという事実も、このような研究が積み重ねられていくことでより広く、多くの人々に理解されるようになっていくことを望んでいます。

(satoko)

【参考サイト】
Norwegian School of Veterinary Science

 

GREEN DOGがお勧めする商品

フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
累計注文30,000食突破(2016年7月現在)
フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
ワイルドアラスカンサーモンオイル
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
バランスフローラ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
ペット用歯磨きジェル 歯にマヌカ
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
WITH GREEN DOG ミニサイズおやつセット

dog actually ライター書籍 PickUp

「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレーニング法だった! (世界のドッグスペシャリスト)
「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレー… イェシカ・オーベリー (著), 藤田 りか子 (編集, 写真) 誠文堂新光社 (2015/8/20)
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形 藤田 りか子 (著), リネー・ヴィレス (著, その他)
誠文堂新光社 (2015/2/24)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら… ヴィベケ リーセ (著), 藤田 りか子 (編集), Vibeke Sch. Reese (原著)
誠文堂新光社 (2014/8/20)
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則 尾形 聡子 (編集)
誠文堂新光社 (2014/1/20)
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ カリーナ・ベス・マクドナルド (著), 森 ひとみ (翻訳), 尾形 聡子 (翻訳)
エー・ディー・サマーズ (2014/2/28)
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ()
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (編集)
誠文堂新光社 (2013/12/10)
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック ヴィベケ・リーセ (著)
誠文堂新光社 (2014/7/10)
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド ヴィベケ・S. リーセ (著), 藤田 りか子 (編集, 写真)
誠文堂新光社 (2011/8/19)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く!… ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2013/4/19)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! … ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2012/11/19)

もっと見る