噛む犬はこうして作られる (5) - レージ・シンドローム

京子アルシャー

コメント(14)

The garden

[Photo from Alan Dickson]

レージ(Rage)とは英語で「激怒する」という意味。

さっきまで大人しかった犬が突然狂ったように暴れだし、まるでジキルとハイドの様な性質の二面性を持って激しい攻撃性を示す...こんな話を聞いたことはないか?

いわゆる「激怒症候群」という先天性の疾患である。

激怒症候群による著しい攻撃性の犠牲になった人や犬は少なくない。

この疾患は優勢行動による攻撃性と単純に診断されることがいまだに多いため、飼い主の認識すらも低く、しかし優勢行動とは決定的な違いがある。

犬が攻撃性を見せる場合、交感神経の刺激により、犬の外見に見て取れる変化が現れるが、レージ・シンドロームの場合には、直立不動の状態から途中のステップを省略していきなり最終攻撃にかかり、典型的な威嚇のシグナルである「歯を剥き出す」ことや「低く唸る」ことが欠けているうえ、相手が悲鳴を上げて逃げ出そうとしても攻撃は止まない。そう、ちょうど何かに取り憑かれたように。この疾患は癲癇症状の一部ともいわれ、興奮がピークに達し、そして電源が切れたかのように大人しくなる。

一番怖いのはこの悪夢のような状態が定期的に繰り返されることだろう。

Out of Darkness

[Phto from VincentStephenson.com]

なぜそのようなことになるか?これはまた外見からは見て取れない脳ミソの中の話である。

脳にはセロトニンという脳内刺激伝達物質がある。通称「幸せホルモン」のひとつと呼ばれているこの物質が、通常ならば脳の興奮を鎮める作用があるのだが、攻撃性の強い個体にはこの物質が脳内に不足しているということらしい。

難しい話を飛ばして簡単に言うと「脳の冷却システムが欠けているため、脳は簡単にオーバーヒートしてしまう」のだ。

現在のところこれらの脳内セロトニン濃度を簡単に依頼できる試験方法はない。

激怒症候群に罹った犬に獣医師がしてやれるのは、せいぜい攻撃性を鎮めるためにセロトニンを投与することくらい。しかしそれはただの一時しのぎであって、脳内化学物質の欠落という問題は解決されない。脳内のセロトニン濃度が下がってくると、また攻撃性は現れてくることから根底からの治療法はないのである。

She looks so happy !

日本でも人気が高いコッカー・スパニエル。激怒症候群はこの犬種で初めて診断されたことから、以前ドイツでは「コッカーの激怒症」と呼ばれていた。[Photo from j.gilda]

激怒症候群は現在のところ以下のような犬種で報告されている。

  • イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
  • コッカー・スパニエル
  • ゴールデン・レトリーバー
  • ラブラドール・レトリーバー
  • ジャーマン・シェパード
  • ベルギアン・シェパード(マリノア)
  • ドーベルマン
  • ニューファンドランド
  • そしてこれらの雑種など...

また仔犬の頃から攻撃性を示し、ストレスの多い生活を通して後年には激怒症候群に発展するケースも多いことから、唯一の予防策は激怒症候群の引き金となるストレスを出来る限り軽減することである。

そしてもしも愛犬に激怒症候群の疑い(強い攻撃性)があるならば、次世代のために繁殖に用いないこと。

さらには子を産ませないだけでなく、親犬・兄弟犬に連絡を取り、疾患についてのフィードバックを行うことも疾患の伝播を絶つ大事な手段となる。

最後にこの dog actually の読者なら分かりきったことかもしれないが、飼い主がストレスの多い生活を送っていると、犬はその影響を受けて精神不安定に陥り、攻撃的になることもある。せっかく犬と暮らしているのだから、できるだけゆったりとした気持ちで飼い主・犬相互に癒し合いたいものだ。

【関連記事】

 

GREEN DOGがお勧めする商品

フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
累計注文30,000食突破(2016年7月現在)
フード選びに迷ったら。厳選お試しセット
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
EPA・DHA豊富!皮膚被毛の健康をサポート
ワイルドアラスカンサーモンオイル
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
獣医師も注目する「お腹の強力サポーター」
バランスフローラ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
諦めないで!歯磨き嫌いさんにはコレ
ペット用歯磨きジェル 歯にマヌカ
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
食べきりサイズのおやつが5種類試せる!
WITH GREEN DOG ミニサイズおやつセット

dog actually ライター書籍 PickUp

「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレーニング法だった! (世界のドッグスペシャリスト)
「犬と遊ぶ」 レッスン テクニック: 見落としがちな「犬との遊び」は最大のトレー… イェシカ・オーベリー (著), 藤田 りか子 (編集, 写真) 誠文堂新光社 (2015/8/20)
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形
最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形 藤田 りか子 (著), リネー・ヴィレス (著, その他)
誠文堂新光社 (2015/2/24)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら、犬の語学と社会化を適切に学ばせる (犬の行動シミュレーションガイド) (犬の行動シミュレーション・ガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「子犬レッスン」テクニック: 子犬の気質を読みながら… ヴィベケ リーセ (著), 藤田 りか子 (編集), Vibeke Sch. Reese (原著)
誠文堂新光社 (2014/8/20)
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則
よくわかる 犬の遺伝学: 健全性から毛色まで、知って役立つ遺伝の法則 尾形 聡子 (編集)
誠文堂新光社 (2014/1/20)
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ
今日からチャレンジ! 楽しいローフードのすすめ カリーナ・ベス・マクドナルド (著), 森 ひとみ (翻訳), 尾形 聡子 (翻訳)
エー・ディー・サマーズ (2014/2/28)
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ()
DVDBOOK 犬はしぐさで会話する(1): ヴィベケ・リーセの犬のボディランゲージ解説 ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (編集)
誠文堂新光社 (2013/12/10)
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック
いぬ語会話帖: 犬の言葉をシンプルに理解するためのフォトブック ヴィベケ・リーセ (著)
誠文堂新光社 (2014/7/10)
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド ヴィベケ・S. リーセ (著), 藤田 りか子 (編集, 写真)
誠文堂新光社 (2011/8/19)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な「複数の犬を同時に扱う」テクニック: 犬の群れとリーダーシップについての深まる謎を解く!… ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2013/4/19)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! (犬の行動シミュレーションガイド)
ドッグ・トレーナーに必要な 「犬に信頼される」テクニック: 「深読み・先読み」の第2弾、問題行動はこれで直せる! … ヴィベケ・リーセ (著), 藤田 りか子 (著)
誠文堂新光社 (2012/11/19)

もっと見る